スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こつこつ

テキスト作りが続きます。
同じテーマでも、お客様が違う、タイミングが違う等
様々な理由で、毎回、違うコンテンツ、最新、最適な
情報を考えて、練り込んでいきます。

地味にも思えるこの作業が、結構、嫌いではありません。
調べて、考えて、まとめて、お客様にお伝えする。
伝え方の形式は違えど、このスタイルです。

そういえば、子供のころから、何かを調べてまとめたり
することは嫌いじゃなかったなーと思いだしました。

お客様がその日から、ちょっとのことでもいい、
行動を変えられることを目指して。
コツコツ作業、続きます~。

女性起業仲間っていいなぁ^^

おはようございます。
秋になったなあ、なんて思って
いたけれど、まだまだ暑さ、続くんですね^^;。

北区の女性起業セミナー「ちょこっと起業」の
卒業生「ちょこっと隊」のランチ会に参加して
まいりました。
今年、このセミナーにははじめて講師の一人として
参加させていただいたのですが、もう今年で11期生
の方が出ているという長く続いているものです。

お話していて、すでに起業している方、来年には始める
と言う方、これから、という方それぞれでした。
そして、もちろんご自身が決断することではあるのですが、
決断して動き始めると、周りに「お役にたちますよー」と
いう人が集まってくる、というお話も。

自分の考えを口にしたり書いたりすることで自分の頭を
整理できたり、新しい気付きを得たり、コラボして
いけそうな人を見つけたり・・・。
私も女性起業セミナーのときには、みなさんのワクワクで
元気をもらっています!

起業を考える方には、こうした「起業セミナー」や
「起業相談」を利用されると、いいことあるかも!です^^。

「人」の大切さ

時々、海外からの研修生の方に、日本企業の特徴について
お話させていただく機会をいただいています。

その準備の一環として、2011年版の
中小企業白書の概要を再度読んでおりました。
今年のタイトルは、
~震災からの復興と成長制約の克服~です。

そしてその中で、
「中小企業の労働生産性向上のための支援のニーズは、
中小企業、支援期間ともに
「顧客数拡大」「顧客単価上昇」「人材確保・育成」
「技術革新」を挙げる割合が高く、特に中小企業
は「人材育成・確保」、支援機関は「技術革新」
のニーズが高いと認識している」(白書全体概要P37)
との記述がありました。

これは白書の中の記述ですので、個々の
企業様により、抱える課題はいろいろです。
それをまずはきちんとお伺いし、優先順位を
つけて解決していくことはもちろんです。

ただ、今まで支援させていただいた企業様の中で、
人を大切に考え、経営者の方が従業員に真摯に
向き合っているなあ、と感じると、そこは
長寿企業であったり、この不景気でも売上を
伸ばしていたり・・・というケースが多いように
思います。

この「人材育成・支援」が求められている、
という記述に、改めて、企業にとっての
「人材」の重要性を確認した気持ちになった
のです。

企業は継続していくことが前提です。
そして、それはとても大変なことでもあります。
ただ、様々に打ち出していく施策のベースとしては
「ヒトにやさしい企業である」よう、企業様の
ご支援をさせていただきたいと思います。

女性創業セミナー

今日は女性創業セミナーに行ってまいりました。

いつも女性創業セミナーに行くと、元気をもらって帰ってきます。


こちらから情報を提供しつつ、ワークをしていただいて、そのあとグループワークを

していただくのですが、コミュニケーションが上手な方が多く、あっという間に

素敵なネットワークが出来上がります。

ワークの内容はもちろん、個人事業を始めるにあたっての不安やわからないことを

講師のほうからお伝えするのみならず、グループワークの中でどんどんシェア

されていくんですよね。

今日も素敵なヒントがグループワークの中でたくさん出ていました。


個人事業を始めるときは、わからないことも不安なこともいっぱい。

そんなとき、こんなふうに創業セミナーで出会った仲間がいれば、助け合って、

力がわいてくる、前へ一歩進めることもたくさんあると思います。


みなさんの生き生きとしたお顔と言葉にこちらまでパワーをいただき、嬉しくなって

帰ってきました。ありがとうございます。

来週も事業計画作成、頑張りましょう~!

”COM”~事業への想い

ブログの冒頭にも書いてあることなのですが・・・
今日はちょっとまじめに、私が一番事業をやる上で大切に
思っていること、の話です。

OfficeCOMという屋号は、Communicationのcomと、自分の呼び名から、
つけました。

Communicationが、お仕事の、そして、ちょっと大げさかもしれないけれど、
人間として生きていくための基本になる、と信じているからです。


現在、主に、コンサルティングや相談員、各種研修やセミナーの講師の
お仕事などをさせていただいております。

私のお仕事は、いずれにおいてもお客様のお話を伺うところから始まります。

経営者の方は、やるべきことはおぼろげに見えていらして、
その上で、助言を求めていらっしゃることが多いように思います。
経営者の方ご自身が気づいて、決断して、行動する。
経営者の方は、ご自身のお仕事のプロ、です。

私はあくまでも経営者の方、あるいは受講してくださる方々が、
(明示的に)気づき、考え、決断し、行動するまでの”サポート”
に徹することがお仕事だと考えています。
(メンバーとなってお仕事をするケースは少し事情が違うとは思います)

”サポート”をするためには、お客様のお話をじっくり伺う、
「聴く」能力を磨いていかなくてはならないと思っています。
が・・・

最近年を重ねるにつれ、先入観を持たずに人の話を聴くのが
とてもとても難しいです。

そしてこの難しさ、子育にも共通している、と思います。
ついつい子供の話を自分の「思い込み」で聴いてしまう。
子供相手だから、大人相手の時よりももっと、「自分の考え
のほうが正しいのだ」(=だから正しいことをしつけなくっちゃ!)
という考えに陥りがちです。

でも、そうとは限らないんですよね。危険を伴うこと、必要
最低限のマナーなどを除けば、子供がしっかりと主張したとき
には、はっとさせられることもしばしばです。

お仕事でも、子育てでも、「じっくり聴く」ことを大切に
しようと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。