スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大石幸紀さん 中小企業庁長官賞

少し時間がたってしまいましたが・・・
先日、独立開業研究会にて、
大石幸紀さんの中小企業庁長官賞受賞記念講演&新年パーティー
がありました。

診断協会主催の「中小企業経営診断シンポジウム」において受賞された、
経営革新事例論文の最優秀賞に値するものとのこと。
経営革新の支援のお仕事をさせていただいている身としては
じっくり聴かねば!と、伺ってまいりました。

オーソドックスな手法、とおっしゃっていましたが、
大石さんの、経営者の方を支援する
「真摯な態度」がとてもとても印象的でした。
コンサルティング手法を次々と繰り出す、というのではなく、
お客様の気持ちによりそって、従業員の方も時間をかけてゆっくりと
ひとつの方向性にむかっていくようにじっくりと支援する・・・

実はこのお仕事をしていると、単独でするお仕事も多く、
ほかの方が作成されたこうした事業計画書を拝見する機会は
あまりなかったりします。
その点でも「よい事例」を拝見できて、とってもよかったです。
そして、自分の方向性も間違っていなかった、と確認できたことも
私にとっては大きかったと思っております。

コンサルタントに限らないかもしれませんが、お客様の
支援をさせていただくとき、その人格もすべて、仕事に
反映されるんだな、ということも感じました。
改めて、身を引き締めてお仕事に取り組んでいこう、
と思った1日でした。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。