スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年から2012年へ

あっ


という間に、大みそかを迎えております。

今年は、日本にとって大きな出来事がありましたので、

記憶に刻まれる一年になりましたね。

今まで当たり前と思っていたことが、なんとありがたいことか

ということに気付き、改めて日常に感謝することに気づかされた

今年。

まだまだこの未曾有の災害は全く終わってはいないのですが、

来年は、感謝の気持ちを今まで以上に大切に、進んでまいります。

そして、人とのご縁を大切に、新しいことにどんどんチャレンジし、

仕事を楽しむ仕掛けを自分で創り出していきたいと思っています。

たくさんの人と会い、コラボレーションで仕事をし、アウトプットを

生み出すことで、お客様の喜ぶお顔を見られるように、また、

行動を変える一歩を踏み出すお手伝いができるようにしていきます!

私と関わってくださったすべての皆様、どうもありがとうございます。

みなさまの来年が素敵な年になりますように。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

相棒!

某局の刑事ドラマの話・・・ではありません。

昨日届いた、私の相棒がこちらのお料理の鍋です。

私が料理とライフスタイルの師とあおぐママ友に薦められたのでした。
ありがとうございますー。私の性格とライフスタイルをよく把握してくれてる♪


ほんとは、帰宅してから、夕飯、風呂、子供を寝かせるまでは
座らないぞー、と思っていました。
(そうしている人たちも多くいらっしゃるはずですが。。。)

でも、私には無理ー。特に夏は暑くて、とにかく一息ついて
汗がひくまではキッチンには立てない(立ちたくない)。
でもそれじゃ夕飯が遅くなる。どうしたものかと思って相談したわけです。

んで紹介されたのがこれです。ネットでパンプキン(黄色)を即買い。
内側に調理なべがあり、それがすっぽり入る保温鍋からできてます。
前日の夜に野菜を切っておき、翌日、調理なべに具材を入れて火にかけ、
(5~10分くらいでokな料理がほとんど)あとは保温鍋に入れて
外出OK。
帰ってくるときにはお料理が出来上がっています。
ワンダホー!じっくりことことしなくてもおいしい仕上がりー!

料理も(仕事も、か)段取りですねー。技術革新って、素敵だー!!

夏休みの宿題

8月も30日。明日で我が家の息子たちは夏休み修了です。

宿題ですよ、しゅ・く・だ・い。

一応ほぼ終わりつつあるとは思うのですが、見直してみると、書き直ししてみたり、
仕上げるのに時間がかかりそう。
でも、自分たちで仕上げるってことが大事と思います。
カレンダーが読めて、やるべきことはわかっているし、親としても休みを通じて
何度か声掛けはしています。
大変でもやりとげて、前へ進んでほしいなって思っています。

今回宿題では言われてませんが、日ごろの生活でも「ママが言ってくれなかった
から(遅れた、忘れたなど)!」とか言った時にはびしっと伝えます。
「これはママのお仕事ではありません。君のやることじゃないの?」

「○○のせいだ!」ということは簡単。でも、そこからは解決への道は開けない。
これって、大人になってもなかなか難しいことだけれど、お仕事にもいえること。
大人になるまでに、ちょっとづつ、覚えてね、天使くんたち。

時間管理術

長らくブログ更新をせず・・・反省反省です。

久々に、自分がセミナーを「受ける」場に行ってまいりました。
佐々木かをりさんの「時間管理術」のセミナーです。

具体的な手帳(アクションプランナー)の使い方はもちろん
参考になったのですが、私が印象に残ったのは、
私たち大人には、「自分を幸せにする責任がある」という言葉。

自分で人生をデザインしていく、そしてそのコツ、つかめたかも?!

さっそくやってみよう!と思います。
そして・・・ぜひ、息子たちにもこのセミナーを受けさせたいと痛感した次第です。

前を向いて

すっかりご無沙汰してしまいました。。。

このたびの震災で被災された方へ心からお見舞いを
申し上げます。
みなさま、あるいはみなさまの御家族やお知り合いの
みなさまもご無事でしたでしょうか。

あれからもうほぼ1か月がたち、桜も咲いていると
いうのに、余震や原発のことで、"不安”が払拭された
とは言えない状況です。
私自身も、恐くない!とはとてもいえないです。

ただ、この約1か月、仕事をする中で気持ちは落ち着いて
きています。
「できるだけ、普段どおりに動こう」という気持ちになりました。

震災のあった週末は、続く余震やテレビの映像を見て、
あまりのことで、悲しみが大きく、あまり何も手につかず、
という状況でした。
とりあえず依頼された支援物資を送り、募金を細々続ける
・・・くらいでした。
でも、お客様とのお仕事のお約束に出かけたときに、気持ちの
スイッチが切り替わったのです。
いろいろこわかったですが、周囲の人の励ましにも助けられ、
いつものように仕事に出ることができることに感謝しました。

今でも被災地の様子は毎日目に、耳に入りますし、思いを
はせない日はありません。
でも私たちも沈む気持ちにそのままに、下を向き続けて
いても、被災地を助けることはできない。
自分が今できることは、節電しながら、なるべく普段通りの
くらしと仕事を毎日していくことなのかもしれません。

ひとりひとりが力を少し出せば、きっと何かが変わる、と
信じたい気持ちでいます。
これ以上の被害がどうか広がりませんように。
元気なところが元気に動いて、日本全体で元気になれますように。

祈りを込めて。そして、前を向いて。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。